こざーーーな!!!

同志社大学院卒→バンドでメジャーデビュー→辞めて社会人→向いてないので仕事辞めます。2児のパパ。辞めてどうなっていくのか?どうなるのか?

元メジャーアーティスト。その傍ら通信・携帯業界に10年以上在籍してました。現在は専業主夫。
格安スマホやインターネット関連の情報を分かりやすく発信しています。また自身で実践したダイエットや日々のちょっとしたことも。

BIGLOBEモバイルはドコモユーザーにオススメ格安SIMな理由


スポンサードリンク

f:id:kozaaana:20171205194551p:plain

BIGLOBEモバイルはYoutubeやAmebaTVなどの動画がデータ無制限で見ることが出来る希少な格安SIMです。

 

今回、BIGLOBEモバイルの特徴と注意点について解説したいと思います。

先に触れておくとBIGLOBEモバイルの特徴としては

・auとドコモのマルチ回線対応

・エンタメフリー・オプションで動画が見放題

・シェアで複数回線を安く持てる

・ネットとセットの割引が適用される

です。

 BIGLOBEモバイルとは

BIGLOBEモバイルはインターネットプロバイダで有名なBIGLOBEが運営しています。

 

後述しますがインターネットプロバイダーだけあってネット関係にお得なサービスがたくさんあります。

 

 ちなみに同じくインターネットプロバイダが提供している格安スマホで有名なのはOCNモバイル oneですね。

マルチ回線対応

ドコモとauどちらかの回線を選ぶことが出来ます。

これにより好きな回線を選ぶことができます。

  タイプD(NTTドコモ回線) タイプA(au回線)
通信速度 受信時最大 788Mbps
送信時最大 50Mbps
受信時最大 708Mbps
送信時最大 50Mbps
利用可能エリア Xiエリア+FOMAエリア 4G LTEエリア

 これを見ると分かりますがドコモ回線のほうがより早く、またエリアも広いです。

そのためドコモユーザーは乗り換えやすいです。

 

ちなみにau回線だと3Gエリアをカバーしていません。

3Gエリアとは主に携帯電話だけつながるエリアのことです。4G LTEエリアだけでも人口カバー率99%なのでさほど気にしなくても良いですが山間部など一部地域でつながらないことがあります。

 

もし新規契約であればタイプDを選んだほうがよいでしょう。

 

ちなみにこの後にも色々とタイプDのほうが優遇されていることが分かってきます。

料金プラン

プラン種別 データSIM
(タイプDのみ)
SMS機能付き
データSIM
音声通話SIM
1GB音声通話
スタートプラン
- - 1,400円
3GBプラン 900円 1,020円 1,600円
6GBプラン 1,450円 1,570円 2,150円
12GBプラン 2,700円 2,820円 3,400円
20GBプラン 4,500円 4,620円 5,200円
30GBプラン 6,750円 6,870円 7,450円

注意としてはデータSIMの場合はドコモ回線しか選べません。

また、データSIMでは1GBプランを選ぶことが出来ません。 

SIMを追加してシェアが出来る

BIGLOBEモバイルではSIMを追加してデータ容量を分け合えるサービスがあります。

これにより、家族でデータをシェアすることでお得に契約ができます。またタブレットやゲーム機にSIMカードを挿して通信することも出来ます。

 

なお、SIMを追加出来るのは3GB以上のプランで最大4枚まで追加可能です。

 

また、SIMを追加すると手数料として3,394円(SIMカード追加手数料+SIMカード準備量)が発生し、月額料金がプランによってそれぞれ発生します。

シェアSIMカード(データ) シェアSIMカード(SMS) シェアSIMカード(音声)
200円/月 320円/月 900円/月

例えば、家族3人で全員音声通話SIM、プランは6ギガプランでシェアしたとします。そうすると

 

 6ギガプラン(2,150円)+シェアSIMカード・音声(900円×2枚)=3,950円

 

となり、1人あたり約1,316円で利用することが出来ます。

 

注意としてはシェアSIM契約が出来るのはタイプDだけという点です。

ここでもドコモよりなのが出ていますね苦笑

BIGLOBE Wi-Fiが使える

BIGLOBEはインターネットプロバイダだけあって83,000か所にWi-Fiスポットがあり、6GB以上の契約で1ライセンス無料で使えます。

注意としてはシェアSIMで複数契約の場合はどれか一つしか無料にならないということです。

エンタメフリー・オプションで動画・音楽見放題

これこそがビックローブモバイルの大きな特徴です。なおカウントフリーがどういうものかといいますと特定のインターネットサービスやアプリを使う場合にデータを消費せずに利用出来るというものです。

 

多くの格安SIMでもカウントフリーサービスは提供されていますか

大抵は速度を低下させたり、テキスト中心のSNSだけ使い放題というものです。

 

ところが、BIGLOBEモバイルの「エンタメフリー・オプション」ではデータ容量も需要も多いYoutubeやApple Musicなど動画や音楽が使い放題になります。

 

カウントフリーになるサービスは以下の通りです。

  • YouTube
  • YouTube Kids
  • Google Play Music
  • Apple Music
  • AbemaTV
  • Spotify
  • AWA
  • radiko.jp
  • Amazon Music
  • U-NEXT

になります。

月額料金は480円で3GB以上のプラン対象になります。

BIGLOBEでんわ

無料アプリBIGLOBE電話を利用して通話した場合、通話料が最大で半額になります。また月額 650円で1,200円分の国内通話が無料もしくは3分以内の国内通話が何度でもかけ放題のどちらかを選ぶことができます。

扱っている端末の種類が豊富

BIGLOBEモバイルでは最新のSIMフリー端末を沢山扱っています。

SIMフリー端末では人気のHUAWEI製やZenfoneシリーズもしっかり取り扱っています。

また、iPhoneシリーズもしっかり取り揃えています。

 デメリット

次にBIGLOBEのデメリットについて触れていきます。

データSIMプランに1GBがない

データSIMプランでは1GBプランがありません。3GB以上になってしまいます。そのためデータSIMプランだけの運用であれば料金が高くなってしまいます。

キャリアメールが使えない

ドコモやauなど大手キャリアを利用している場合にキャリアから与えられるキャリアメールというのがあります。乗り換えた場合に今まで使っていたキャリアメールが使えないのは当然ですが、BIGLOBEではキャリアメールのサービスはありません。とは言え最近はメールよりLINEを使って連絡をやり取りする場合も増えてきています。さらにGmailやYahoo!メールなどのフリーメールアドレスを使えば無料でアドレスを持つことができます。

LINEのID検索ができない

LINEアプリ自体はSMつき格安SIMもしくは音声通話付きSIMを契約すれば使えますしかし、年齢認証があります。しかしこれも格安SIMに乗り換える前に年齢認証をすましておけば問題ありません。

結論:BIGLOBEモバイルはドコモから初めて格安SIMに乗り換える人にオススメ

 以上BIGLBEのメリット・デメリットを見てきましたが端的に言うとBIGLOBEモバイルはドコモからの乗り換えにオススメです。

 

理由は

  • ドコモ回線と対応している(ドコモ回線の方が優遇されている)
  • ドコモのシェアパックに似たデータシェアプランがある
  • ドコモ光利用者であればビックローブ光に切り替えて安くできる

からです。

 

BIGLOBEモバイル申し込みはこちらから